CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

24×7 RECORDS LATEST NEWS Reggae Teach Me Everything

レゲエ・レーベル24×7 RECORDS /
VP RECORDS JAPANがお届けする
最新レゲエ、ジャマイカ、リリース情報等々。
<< じゃーねー。 | main | サーファー。 >>
ジワリジワリ。
 ETANAは今年に入って『I RISE』のプロモーションも兼ねた長期間のヨーロッパ・ツアーを敢行したばかり。

 ETANA『I RISE』
 http://www.247reggae.com/vp/release/1410.html#vp01

 MAXI PRIESTは昨日から新作『EASY TO LOVE』の本拠地UKでのプロモーションも兼ねたツアーに突入したばかり。

 MAXI PRIEST『EASY TO LOVE』
 http://www.247reggae.com/vp/release/1407.html#vp01

 なんとなく、「新作と言っても去年でしょ?」「新作だけどもう新しくない」と思いがち。ですけど、「世界」をマーケットとして活動しているアーティストはアルバムをリリースすると、そこから世界各地をプロモーション&ツアーで周っていくので、結構長い期間「新作」として展開していきます。


 以前にSEAN PAULと話した際も、「一枚の作品のプロモーションに二年ぐらい世界各地を周るコトになって、その最中に『次の新作はいつ?』とか言われて、『おいおい、まだまだ今の作品をプロモーション中だよ』ってなる時もあるよ。その間に新曲も作るし、ツアーやショーもあるし、レコーディングもジャマイカばかりではないし、とにかくずーっと動き続けている感じになるんだよね。だからジャマイカのダンスホールをレペゼンしていても、なかなかジャマイカに戻れなくて、旅先からジャマイカの情報を追ったり、出ている新曲とかトレンドを追わないといけない感じにもなったりとかもするよね」とか言ってました。


 まっ、想像に過ぎないですけど、もしかしたら〈ATLANTIC/VP RECORDS〉と離れて、「自分のペースでジャマイカから発信していきたい」と自分のレーベルを設立したのもそうしたコトもあったのかもしれません。まっ、10年ぐらいそんな生活を続けていたら、少し「そうかもな」とは思います。


 と、そういう話ではなくて、「去年の作品だから古い、ではないですよ」です。「アーティストもそれぐらいの期間を新作として耐久していけるクオリティで作っていますよ」です。なので、「最近なんかない?」でアレな場合は、まだ確認していない去年のも確認してみて下さい。ええ、せっかち過ぎると損します。


 で、去年は色々と良質な作品がリリースされていますけど、ココ最近になってジワリジワリと注目されつつあるのが、TANYA STEPHENS新作『GUILTY』です。もともと13年作ですけど、昨年末にCD正式リリースで、現在にジワリジワリきています。ハッキリ言って、ジャケットはチト残念で、とても作品のイメージと合いませんけど、内容は素晴らしいです。その魅力を出たばかりの『MUSIC MAGAZINE』誌最新号(プルーハーツ特集号です)の「輸入盤紹介」で鈴木孝弥さんも紹介してくれています。

 


 TANYA STEPHENS『GUILTY』
 http://www.247reggae.com/vp/release/1412.html#vp01


 ええ、是非チェックしてみて下さい。ETANAと聴き比べてみるのも有です。『I RISE』に負けない品質です。ジャケット以外は。

 

 ヨロシクお願いします!




 
| レゲエ | 18:45 | - | - | - | - |